蜂蜜とローヤルゼリーの違いについて

ハチミツとローヤルゼリー蜂蜜とローヤルゼリーはどちらも蜜蜂から取れたもので、どちらも同じような気がします。強いて言えば、ローヤルは王様とか王室を意味しますので、ローヤルゼリーの方が高級感がします。

たしかにローヤルゼリーの方が高級感しますし、実際にローヤルゼリーの方が栄養的にも蜂蜜より優れています。

蜂蜜は働き蜂が集めてきた花の蜜を巣のなかで濃縮し、そして熟成したもので、色は赤みがかかった色をしています。そして、これは働き蜂の餌になります。巣のなかで濃縮するという作業があるため、ミツバチの巣となる養蜂箱は特殊な構造の箱になっています

一方、ローヤルゼリーは、羽化して1週間ほどの働き蜂たちが花粉や花の蜜を食べ、そして作り出された物質で、女王だけが食べる特別な食事です。色は綺麗な黄色をしています。

生の蜂蜜は熱に弱いので、熱を加える料理に使うのはおススメできません。多くの方は、ホットケーキにかけたり、牛乳に混ぜたり、ヨーグルトにかける人もいますし、なかにはカレーに入れる人もいます。

本当に食べ方色々の蜂蜜ですが、ローヤルゼリーの場合は、多くはサプリメントで摂るのが一般的ですが、ドリンクタイプも販売されています。

ローヤルゼリーをサプリメント以外で摂るときは、生ローヤルゼリーで摂ります。ローヤルゼリーの成分がそのまま摂れるので高い栄養効果が期待できますが、酸味と苦みで味が悪いのが欠点です。